婚約指輪を選ぶ!彼女に感謝される指輪選びをしたいですよね?

プロポーズの時に必要なもの、言葉と指輪?愛する恋人に贈る、大切な婚約指輪を選ぶ際のポイントとは何でしょうか? 婚約指輪といえば、ダイヤの指輪を想像される方がほとんどだと思います。ダイヤモンドの持つ永遠の輝きは、これから一生変わらない愛を誓い合う恋人にはピッタリですね!さて、そんな婚約指輪を選ぶのに、一人でお店に行って彼女に内緒で指輪を選びますか?それとも彼女と一緒に行って、彼女の好みも取り入れて選びますか?いずれにしても、彼女に感謝されるような、そして彼女に「惚れ直した!」と言われるような指輪選びをしたいものです。 代表的なダイヤモンドの婚約指輪は、ダイヤモンドのカラット数で指輪の値段も違ってきます。彼女の前で恥をかかないためにも、知っておいたほうがいい指輪選びのポイントを押さえておきましょう!




ダイヤモンドのカラット数で、こんなに違う?指輪の値段!

ダイヤモンドには、そのクオリティを表す「4C」というものがあります。CUT(カット)、COLOR(カラー)、CLARITY(クラリティ)、CALAT(カラット)の4つをいいます。その中でも一度は耳にしたことがあるのが「カラット」ではないでしょうか? カラットは、ダイヤの重さの単位を表しています。カラットによってダイヤの直径が変わるので、その数が高いほど大粒のダイヤになるというわけです。ちなみに、1カラットは0.2グラムに相当します。もちろん大きければ大きいほどいいのでしょうが、やはりそこは懐具合と相談ということになるのでしょうか? 昔は、「婚約指輪は給料の3ヶ月分」などと言われていましたが、最近では、この言葉もあまり聞かれなくなりましたね!一番人気なのは「0.3カラット」前後の指輪だそうです。お店で選ぶときの参考にしてみてはいかがでしょうか?